「BCGがコロナを防ぐ」は本当か? 免疫学の第一人者が回答

<エリート医師が確立したダイエット法>

エリート医師が確立した本物のダイエット法です。 糖を断ち肉を食べる今までになかった画期的なダイエット法をお伝えします。 これで痩せなければ、全額返金保証致します

1: 名無しダイエット 2020/04/08(水) 12:45:00.27 ID:JYpeeYFA9
結核の予防接種で使われる「BCGワクチン」。細い9本の針を刺す“ハンコ注射”といえば、思い出す人も多いだろう。このBCGワクチンが新型コロナウイルスの感染を予防するのではないかと、一部の専門家の間で話題になっている。

 BCGは古くからあるワクチンの一つ。わが国では現在、公費でまかなわれる定期接種として、生後11カ月までに1回接種することになっている。

「国によって事情が異なり、予防接種が広く行われている国もあれば、一部に限られている国、ほとんどされていない国があります。興味深いことに、BCGの予防接種を受けている国のほうが、受けていない国よりも感染の広がりが遅いことがわかったのです」

 こう話すのは、免疫学の第一人者で、大阪大学名誉教授の宮坂昌之医師だ。この現象をホームページで紹介した豪州在住のJUN・SATO(ジュン・サトウ)氏によるデータを基に改めて独自に解析したところ、感染の広がりだけでなく、死亡率にも同様の傾向が見られたという。

「BCGを接種していないイタリアでは、100万人あたりの死者数が217.4人。これに対して接種している日本は0.5人、台湾は0.2人でした」

 一方、日本と同じように接種しているポルトガルの死者数は17.6人と高めで、いまは接種をしていないドイツでは11.3人と少なめといった例外もある。だが、免疫の仕組みを踏まえても「BCGは期待できるかもしれない」と宮坂医師。

「昨年、オランダの研究チームが、BCGワクチンが自然免疫を高めることを突き止めたのです。途上国でも、BCGワクチンを打った子どもは感染症の死亡率や重症化率が下がることが報告されています」

 免疫には、生まれたときから持つ「自然免疫」と、生後に病原菌にさらされて得られる「獲得免疫」がある。自然免疫は体に入ってきた病原体すべてに反応し、排除しようとする。つまり、未知なるウイルスの新型コロナにも免疫が働きやすいのだ。BCGワクチンは結核菌に対する獲得免疫だけでなく、自然免疫も高める可能性があるという。

 豪州ではすでに、医療従事者を対象にBCGワクチンの有効性をみる治験が始まった。 

「BCGは昔から使われているワクチンで、安全であることは確か。あとは、どれくらいの量を打てばいいのか、どんな人に効果があるのかなどの検証が必要です。また、BCGは子どもの予防接種のために限定生産されており、短期的には大量生産できません。そのあたりも考慮すべきことでしょう」(宮坂医師)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200407-00000050-sasahi-soci
no title


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる

<ホントの夜トマトダイエット>
美容のプロが教えるホントの夜トマトダイエットを知りたくはないですか?
美容のプロが教えるホントの夜トマトダイエットを知りたくはないですか? カンタンに痩せたい!キレイになりたい! このように願う人は貴方だけではありません。 世の中の90%以上の人に共通する願いでしょう。
【いのっち式】驚異のダイエットプログラム
糖質制限なし!我慢なし!】好きなものを食べて「ー19キロ」ダイエットした方法
たった90日で「ー19キロ」を実現させた 【いのっち式】驚異のダイエットは なぜ?驚異なのか?といいますと、以下の特徴があるからです。 ・食べたいものは我慢しない。好きなものは食べても大丈夫! ・甘い物の食べてもいい ・楽しみながら ・つらくない ・我慢しない ・しんどくない