【画像】小栗旬、『人間失格』太宰役で壮絶な減量 撮影中に異変 ガリガリに痩せ塩分不足で足が動かず…

<エリート医師が確立したダイエット法>

エリート医師が確立した本物のダイエット法です。 糖を断ち肉を食べる今までになかった画期的なダイエット法をお伝えします。 これで痩せなければ、全額返金保証致します
51dLZ++h-PL._SX343_BO1,204,203,200_

1: 名無しダイエット 2019/09/14(土) 13:58:06.01 ID:5i6XKGQN9
https://www.cinematoday.jp/news/N0111133
俳優の小栗旬が14日、丸の内ピカデリーで行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』公開記念舞台あいさつに出席。共演者の二階堂ふみから、小栗の壮絶な減量による撮影中の異変を明かされると「勉強不足でした」と反省を口にしていた。この日は、沢尻エリカ、千葉雄大、蜷川実花監督も出席した。

「走れメロス」「斜陽」など数多くの名作で知られる作家・太宰治の代表作「人間失格」誕生に迫る本作。酒と女に溺れながらも圧倒的な魅力を持つ太宰の生涯と、彼を取り巻く3人の女性との恋模様を描く。

小栗が演じた太宰は、肺結核を患い日に日にやせ細っていく役。晩年を共に過ごした愛人・山崎富栄を演じた二階堂は「小栗さんは本当にガリガリに痩せていたのですが、(物語後半の)雪のシーンでは、痩せすぎて、足が動かなくなってしまったんです。スタッフさんが塩水を用意して、そこに足を付けながらの演技で……。役者魂を感じました」と裏話を明かす。

苦笑いを浮かべながらそのエピソードを聞いていた小栗は「僕の減量ミスです。もとの体重から15キロぐらい落としたのですが、勉強不足で最後に無理な減量をしたら、塩分がなくなって脱水状態になってしまったんです。少し動かしただけで体がつってしまって」と反省の弁。
 
蜷川監督も「最終的には、60キロぐらいだったよね」と語ると「日に日に体重が落ちていくのを見ていました。顔色も悪くなっていくし、どこまで体がもつのか本当に心配だった。最後のシーンの前に送ってくれた写真は本当に見たことのない小栗くんで、ガリガリだった。絶対人に見せられない。それだけ真摯(しんし)に向き合ってくれた」とこの役に向けた小栗の情熱と苦労をねぎらっていた。

相当な覚悟で撮影に臨んだ小栗。映画の公開を迎え「僕にとって、36年間培ってきたすべてをぶつけた太宰になっていると思います。悔いのない作品作りができました」と誇らしげに語っていた。(磯部正和) 


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる

<ホントの夜トマトダイエット>
美容のプロが教えるホントの夜トマトダイエットを知りたくはないですか?
美容のプロが教えるホントの夜トマトダイエットを知りたくはないですか? カンタンに痩せたい!キレイになりたい! このように願う人は貴方だけではありません。 世の中の90%以上の人に共通する願いでしょう。
【いのっち式】驚異のダイエットプログラム
糖質制限なし!我慢なし!】好きなものを食べて「ー19キロ」ダイエットした方法
たった90日で「ー19キロ」を実現させた 【いのっち式】驚異のダイエットは なぜ?驚異なのか?といいますと、以下の特徴があるからです。 ・食べたいものは我慢しない。好きなものは食べても大丈夫! ・甘い物の食べてもいい ・楽しみながら ・つらくない ・我慢しない ・しんどくない